貧乏少女

節約は心まで







縁さんが言った事は、確信をついた言葉だった。




そうするしかなかったんだからしょうがないじゃないか。




胸に刺さった棘を数えるのは疲れて、いつの日かやめてしまった。





0
  • しおりをはさむ
  • 13
  • 31
/ 207ページ
このページを編集する