お嬢様と不良BOYs

第二章 /勝手にして

「梅ちゃんと帰るの久しぶりだね!」

「にしても良かったじゃん!送り迎えなくなって」

「うん!」






そう、今日から車での送り迎えはなくなったの。

昨日、成とメールのやり取りをしてたら家の前にいた不審者が成たちだったってわかったから。


でもお母さんには、まだ成のこと言い出せないから拓昌さんに嘘ついてもらっちゃった。

ごめんなさい、拓昌さん…。






「あ、じゃあちょっと寄ってってよ」

「え?どこに?」

「梨々花の家!」

「梅ちゃんの家?んー…いいよ」

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 44
/ 150ページ
このページを編集する