お嬢様と不良BOYs

第二章 /誘拐

「あの…成は……」

「いますよ!姫!!!」





はぁ…と溜め息をついた。


姫ってなによ、姫って。

私はただの成の双子の妹ってだけで彼女じゃない。

彼女になる予定もないのに…。





「律羽、おいで」

「佐助くーん」





グダァと疲れきってる私を優しく支えてくれる佐助くん。

さすが紳士。

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 44
/ 150ページ
このページを編集する