堕ちるまでの強引で甘い誘惑

三宅 あおい
恋愛 4ページ(連載中) 1114字 更新日 2019/06/04 読者 186人 公開 0 0

いつだって私が大人で
幼なじみの彼は子供だと思っていた。



再会した時も、そう思っていたのに。



「俺を男だって意識しろよ」
「キスだけで腰抜けてんの?」



前よりずっと男らしくなった彼に惑わされる。
彼は私よりずっと大人だった。





「もうあの頃とは違うの」

賢く教え上手な美人新米教師
黒崎 綾(23)


×××



「違わない。
先生の前に俺の幼なじみだろ?」

完璧イケメンな高校3年生
中谷 智也(17)





彼と私は幼なじみ。
その上教師と生徒の関係。



ダメだってわかってるのに、この感情は何?



「なあ、早く俺に堕ちろよ」




  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 1
このページを編集する