狼の花園〈完〉【修正版】

大変な一日 /序章




(…冷静になれ、姫野 花音!

頭の中を整理するのよ!
どうして こうなったのか…!)



すっかり夜も更けた頃、
畳の香りがする八畳の和室で、
一人の少女が目を丸くしていた。


(今朝まで、私は普通の女子高生だったはず!

それが どうして…!?)


行灯(あんどん)の灯りが、ぼんやりと花音を照らす。

その姿は、純白の着物に身を包んだ婚礼初夜のお姫様。


(どうして こんな形でファーストキスを奪われなくちゃいけないの!?

それも…っ!)


動揺する花音の視線の先で、男が一人、困ったように笑っていた。

この人物が、花音の初キスの相手なのだが、
この男は花音の婚礼相手ではない。


そもそも、『男』と、呼んで良いのか迷うところだ。

その男は、白粉を塗った白い肌に、真っ赤な紅を引いた唇で、

きらびやかな赤紫色の打ち掛けを羽織り、尼のような頭巾を頭に被っている。

頭巾の下から僅かに覗くのは、
月代(さかやき)を剃った、ちょんまげ頭。

そんな人物が片膝を立てて座り、花音を見つめている。


花音は涙目になりながら、心の中で叫んだ。


(それもっ、こんなオカマさんにーーーっっ!!)



 

0
  • しおりをはさむ
  • 1762
  • 1480
/ 772ページ
このページを編集する