狼の花園〈完〉【修正版】

大変な一日 /不機嫌な朝



この日の朝まで、
姫野 花音は間違いなく、普通の女子高生だった。

信州と呼ばれる地方の とある街、
竹代(たけしろ)市の公立高校生。

強い意思はあるのだが、他人に本音をなかなか言えない子で、見た目も内気で大人しそうな、高校3年生。

そんな花音が、今朝 思い切って母親に言った。


「お母さん、私…専門学校に行きたい…!」


それなのに…


「何言ってるの!?専門学校なんて、駄目よ!

お兄ちゃんみたいに大学に行った方が、就職に有利なんだから!

短大でもいいから、大学に行きなさい!
お姉ちゃんなんだから、弟と妹の手本にならなきゃ!」


と、バッサリ切り捨てられてしまった。


確かに花音の兄は、大学4年生で成績優秀、
このご時世に あっさりと就職内定を貰い、残りの学生生活を謳歌している。

母の言いたい事は、分からなくもなかった。

弟が生まれてからの10年以上、良い手本となるように、良い事は良い、悪い事は悪いと判断して、良い事だけをするようにしてきた。

それに関しては、無理に そうさせられていた訳ではなく、
自ら進んでやってきたので後悔はしていない。

むしろ達成感があるくらいだ。

父親は海外に単身赴任中で、
一人で家を支えている母親を困らせたり、我が儘を言う事も無く、黙って従ってきた。

しかし、今回の事は納得がいかない。


(どんな専門学校に、どうして行きたいのかくらい、聞いてからでもいいじゃない!

大学行ったって就職出来ない人もいるし、
そもそも私は お兄ちゃんとは違う!)


そう思った花音だったが、時間が無かったのと、母を説得する自信が無かったのとで、


「…行ってきます。」


と恨めしく母を見ながら家を出る。


「ちょっと、花音!言いたい事があるのなら、ちゃんと言いなさい!」


母のそんな声が聞こえていたが、返事をしなかった。


(言ったって、聞いてくれないじゃない!
…って、思った通りに強く言えたらなぁ…。)


まだ残暑の厳しい9月の頭。蝉が煩いくらいに鳴いている。

花音は、肩甲骨の下まで伸びた黒髪をゴムで結ぶと、自転車に飛び乗った。

 

0
  • しおりをはさむ
  • 1760
  • 1480
/ 772ページ
このページを編集する