声をたよりに

天風いのり
青春・友情 143ページ(連載中) 96817字 更新日 2019/10/09 読者 736人 公開 0 0

むかしむかし、このせかいで
とても、こわいことが、ありました
どんなまほうも、その、こわいことを
やっつけては、くれません
たくさんの人びとが
かなしんでいる中
きゅうせいしゅ、があらわれます
二人のようせいをかたに、のせた
きゅうせいしゅは
ようせいと、なにかを
おはなしすると
いやし、のまほうをつかって
このせかいを、たすけてくれました
人びとは、たくさん、よろこびます
でも、二人のようせいは
しくしく、ないて、どこかへ
とんで行って、しまいました
きゅうせいしゅも
ようせいたちと、ちがうほうへ
行ってしまいます
けれど、きゅうせいしゅは
今も、このせかいの、どこかで
わたしたちを見まもって
くれているのです
だから、もし
こわいことが、あれば
きゅうせいしゅに
おねがいすれば、いいのですよ

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
ロック中
ロック中
  • 2
  • 0
このページを編集する