白雪姫とヴァンパイア(1)【完】

第三章 君との絆、繋ぐのは /再会


「Bonjour,由季」

「おはよう月」

既に恒例になりつつある朝のやりとり。

玄関から出た私は、待っていてくれた月を見上げる。
そうすれば、私を見下ろしていた月が首を傾げた。

「今日はどうする?」

何を、とは言わないけれど。
みんながいない朝の時間帯に、そう尋ねられることなんて一つだ。

私は少しだけ迷いながら、月の顔を見る。
そこに浮かんでいるのは、いつもと変わらない微笑。

優しいそれに、私はゆっくりと口を開いた。

「……屋上で良い?」

一応、尋ねる形で言葉を返せば。
月は気にした風もなく、にこりと私に笑ってくれる。

「由季が望む儘に」

了承した内容は、もちろん、お弁当のこと。

あれから月は、毎日私と月の分を別々に作ってきてくれてる。
それはきっと、私がみんなと食べたいって思ったときのために。

……だけど、あれから一週間。


私はあれ以降、一度もみんなと食べていない。


それは、何となくでもあるし。
やっぱり気まずかったから、っていうこともある。

マッチがいて、倉前くんがいて、二人の友達がたくさんいて。
それはいつものことだったけど……


どうしてだろう。


──月と二人でいる方が良いって、思ってる自分がいる。


逃げ出したと言えば、そうなんだろうし。
ワガママだと言われれば、私には反論しようがない。

月は私に付き合ってくれるから。
必然的に、月がみんなと一緒に食べたのだって、あの一回だけになる。

そう思い当たって、私は自嘲気味に笑った。

「ごめんね、我が儘言って」

けれども私がそう言っても、月は相変わらず笑ってて。

「そうでもないさ」

さらりと、そう返してくれる。

だけど、本当にそうかな。

優しい月を、付き合わせてるだけのような気もするし。
私が一人にならないようにって、気遣わせてる気もするけど。

首を傾げた私に、月は楽しげに笑った。

0
  • しおりをはさむ
  • 2575
  • 1094
/ 466ページ
このページを編集する