白雪姫とヴァンパイア(1)【完】

第一章 斯くて世界は廻り出す /突然の、



どうして、こんなことになったんだろう……

まだ、どこか夢見心地で。

けれども高鳴る心臓に、現実だと知って。

混乱と、戸惑い。

その中で、浮かんでくるのは、


穏やかで、優しい声だった──……



* * * * *



午前中の授業は、驚きの連続。

ちょっと予想はしてたけど……
でも、やっぱりびっくりした。

まさか月くんが、あそこまで完璧な人だったなんて……

0
  • しおりをはさむ
  • 2575
  • 1094
/ 466ページ
このページを編集する