神無月の守り人

澪川夜月
SF・ファンタジー 7ページ(完結) 5635字 更新日 2019/10/14 読者 394人 公開 0 0

「つかまったら、連れて行かれちゃうらしいよ」

「とくに、十月はあぶないんだって――」

691be4g6e4245b71%2Fc7b099216460-M.jpg


私が小学生の頃、クラスメイトの女の子が、
不意に、そんなことを呟いた。

どうして彼女がそんなことを知っていたのか、
今となっては答えは分からないけれど……
想像はできる。


きっと、その子も出逢っていたんだろう。


私のことを助けてくれた、あの、不思議なお兄さんに。



* * * * *



※製本企画「海月合同誌」に提出した作品です。
担当は「10月の月」。
web掲載にあたり改行等の編集を行いました。

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 3
  • 1097
このページを編集する