キミは誰と恋をする?【完】

143 Scene Ⅴ /刹那

「はじめまして。
次のアルバムをプロデュースさせてもらう、辻坂佐和子です。」


「私を撮りたい」発言をした辻坂さん、その行動は早かった。


皆を席に着かせて、私には冷えた身体を温めてねとホットココアをくれた。

親切な人だなとココアを飲みながら、辻坂さんの説明を聞いていた。



アルバムに収録される新曲のpvのプロモーションビデオを撮っていくこと。
そのための顔合わせであること。
自分が考えていた構想を修正したいから、資料を作り直すということ。

彼女は一気に話してくれた。




「私からは以上です。
いつもなら、質問を受けるところだけで今回は勘弁してね。」



興奮している辻坂さんは、何か心に秘めているみたいに心底楽しそうな顔していた。

0
  • しおりをはさむ
  • 362
  • 998
/ 422ページ
このページを編集する