my voice【完】






「……どぉだろな。」





俺は純輔の肩を叩き紙とペンを取りに行った。





「女なんて所詮女だよ………。」





そんな純輔の呟きは俺に届くことはなかった。







0
  • しおりをはさむ
  • 578
  • 509
/ 344ページ
このページを編集する