my voice【完】

家。







遥翔さんは私に紙とペンを差し出した。





「名前は?」




遥翔さんが私に問いかける。





[羽山 琉歌]





私はゆっくり紙に書いた。





「そうか、琉歌か。」





遥翔さんは私の頭を撫でた。





ビクッ




「あ、わりぃ。」




人…怖い。





0
  • しおりをはさむ
  • 577
  • 509
/ 344ページ
このページを編集する