キスまでの距離

第1章 あの子は恋を知らない

色々な人達が手を差し出して来る。
大きい手、柔らかな手、少しゴツゴツした手……
でもそれらの手はみんな温かい。
命の温もりを感じる。
それらの手に私の手はすっぽりと包まれてしまう。
繋がっている。
だから私は握手が好きだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 7
/ 79ページ
このページを編集する