ファシネーション【完】

第3章 /求める



翌日、拓也とはとっくにバイバイしていたけれど、大和くんと顔を合わせたくなくて、10時半を過ぎるまでは適当に時間を潰して過ごした。


朝から怒られるの、イヤ。





スマホの電源は今回も落としていた。
そうじゃなきゃ、気になってしまうから。



電源を入れ、チェックすると、案の定。


【俺は小鳥遊を家に送ってきたけど。
菜緒はどうすんの?】



その、30分後くらいには。


【菜緒がそういうことすんなら、
俺も菜緒と同じことする。】


なんじゃあ、これ。脅し?



それ以降は特にきていなかった。
どこかの女の人と遊んでいたのかもね。


別にいいよ。なんのことはない。


私と同じ。単なるセックスフレンドの1人。

0
  • しおりをはさむ
  • 1051
  • 450
/ 300ページ
このページを編集する