校内戦争 【編集中】

3章 /祝!初恋バナ




「ア!ラ!シ!すぁーーーーんっっ!!」

「うわっっ」


お風呂から上がって、タオルで髪を拭いている私の腰に夏が抱きついてきた。


「恋バナしましょ!!恋バナ!!」

「はぁ?」


布団に目をやれば、秋が布団の上でジタバタと足をばたつかせていた。


「修学旅行1日目の夜ですよ!!恋バナせずに何するんですか!!」

「わけわかんねーよ」

「ほら紅奈さんも!!!」

「あ?」


私とあかは夏に無理やり引っ張られながら、布団の上に連れていかれた。

  • しおりをはさむ
  • 221
  • 744
/ 375ページ
このページを編集する