部長に恋して。[完結]

Section4




社員旅行当日、朝早くに入ったメールは吉田からのものだった。



旅行に行けなくなった。ごめん。



そんな簡潔過ぎるメールに電話を鳴らしてみたら、



『もしもし…』



それだけで何があったかわかるくらいに酷い声が出て。



事態が一瞬で理解できた。



土産よろしくねと鼻をズルズル鳴らしながら言う吉田に、苦笑い混じりにわかったと答えて電話を切ったものの。



他の部署の人たちとあまり関わりのない私はちょっと不安になりつつ1日をスタートさせて。



集合場所の空港につくと、まだ同じ営業部の人たちは来ていなくて、案の定ポツンとなった私。



回りは女の子同士で楽しげでちょっと寂しくなった。



「吉田は風邪らしいな」



.

0
  • しおりをはさむ
  • 11721
  • 2587
/ 462ページ
このページを編集する