お隣サンのヒミツ 【完】

繋がる気持ち

カーテンから差し込む光が眩しくて目を開け
枕元に置いてある時計は7時を指していた。



『んー...眠い...』

「まだ寝ますか?」

『っ...びっくりした。起きてたんだ。』

「泉さんの寝顔見てました。」



先に起きていた千里くんが恥ずかしげもなく
そんなことを言うので思わず固まってしまった。

なんていうか何事もないように
サラリと言われてしまうと
照れるというより何も反応できない。



『おはよう。』

「おはようございます。」

『朝ごはん食べていく?』

「はい。」

『...準備する。』



起き上がり鈍っている体を伸ばし
ベッドを下りると腕を引かれて
連れ戻された。

  • しおりをはさむ
  • 78
  • 17669
/ 191ページ
このページを編集する