【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


猫は甘く囁く

猫は甘く囁く

夕暮 葵
青春・友情 35ページ(連載中) 14739字 更新日 2020/01/08 読者 3403人 公開 0 0



私はずっと檻から救いだしてくれる人を探していた。











カランッ。コロンッ。


人気のない夜の暗い道。


そこには幼い子供の鼻歌。

そして下駄の音が鳴り響いていた………。










銀の絶対君主
「俺が拾ってやるよ。」

冷血ドSメガネ
「お前のことは信用してない。」

自己中ヤンキーボーイ
「お前、俺の奴隷にしてやるよ!」

色気全開お兄さん
「メアドおしてくれよ。」

ツンデレ兎
「なんなのコイツ!」





黒猫お姫様
「あなな達といてどうなる…?」





謎と嘘にまみれた野良猫の真実とは……




誰か…本当の私を見つけてください。








*この作品はフィクションです。
実在する人物 団体 地名 等には一切関係ありません。
*未成年の飲酒喫煙は法律で禁止されています。
*本作は上記のような行為、暴言 • 暴力行為等を推奨するものではありません




  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 4
  • 198
このページを編集する