君と僕ら

章タイトル未設定











何があっても忘れることはない。


あの時、私達は誓ったんだ。


大丈夫。




私は1人でもやっていける。


そう、やっていける筈。











だって、そうでしょ?


今までと何一つ変わらないんだから。











0
  • しおりをはさむ
  • 57
  • 198
/ 303ページ
このページを編集する