ハプニング×ハプニング☆

姫 /姫



皆さんこんにちは






わたし篠原 央は教室にて




熟睡中であった





「(-.-)Zzz・・・・」




「な、央ちゃん起きて!!先生がこっち

みてるよ!」




「おーおー篠原央!俺の授業で寝るとは
 
いい度胸だなぁ」



・・・むー…うるしゃいなぁ



「むー・・・むにゃむにゃ

グースカピースカ(-_-).。oO」





「💢つっーー篠原あァぁおきろやぁあ!!」





「む?・・・どわぁぁぁあ!」





ワッツ?いっといずチョーク!




この教師チョーク投げてきやがった



「なにしてくれとんじゃあぁぁあ!

乙女に向かってチョークなんぞ投げおってぇ!」


フンフン鼻息が荒くなっても気にしない



あ、プリントとんじゃった⭐



「テメエが起きねーのがわりぃんだろうがぁ!

さっきから俺様が起こしてやってんのによぉ

テメエ、それでテストの点数が悪かったら

容赦しねぇかんな!」




え、俺様ってどちら様?みえませーん



「央ちゃん起こしてもちっとも起きないんだもん

どーしようかと思ったよ」






  • しおりをはさむ
  • 39
  • 18
/ 197ページ
このページを編集する