狼とシンデレラ 【完】

それぞれの優しさ /立場


それから皆で他愛のない話をしたあと私は先にお風呂に入った

ガーネットのネックレスを外すと棚に置く

やっぱりとても素敵なネックレスだ





あの日ネックレスを貰ってから毎日着けている



黒龍がガーネットのネックレスを渡す事は本当に本当に凄い事らしい


学校で私を見る女の子達は嫉妬や怒りの感情よりも凄いという感情の方が勝っているらしく、一部の女の子達の中に私のファンが出来ているという噂を聞いた


学校一のいじめられっこにファン…か



結局彼女たちは私のファンではなく私の"置かれている立ち位置"のファンなのだ

仮に私が黒龍に捨てられたとしてそれでもファンであり続けるのだろうか?








きっと彼女たちも私のファンという立ち位置を捨てるだろう






0
  • しおりをはさむ
  • 219
  • 74
/ 463ページ
このページを編集する