貴方と出会えて幸せでした【完結】

第四章 /生と死の境界

ん?ここはどこだ?


真っ暗でなにも見えない

俺ってどうなったんだ?

死んだの…か?



すると後ろから

「雅希…!」


!!


え?


後ろを振り返るとそこには神奈がいた


「え?神奈?」

「そうだよ」ニコッ

にこり笑って返してくれた

確かに神奈だな。笑ってる顔も同じだ


なにも変わってねぇ


「神奈ッ…」

俺は無意識のうちに神奈を抱きしめてた


神奈は最初は驚いていたけど抱きしめ返してくれた

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 20
/ 43ページ
このページを編集する