貴方と出会えて幸せでした【完結】

第四章 /信じるしかない事実

ハァ…ハァ…


やっと思いで神奈の病室の前に来て

病室の扉をあけた




けど、誰もいなかった


ベッドが綺麗にせいとんされていた

誰かがいたって形跡がなく

なにもかもその病室のものは綺麗に整理されていた



俺は病室に入り神奈が寝ていたベッドをじっと見ていた



すると、病室のドアがあき誰が入ってきた

0
  • しおりをはさむ
  • 0
  • 20
/ 43ページ
このページを編集する