絶対的魔王様【完】

あとがき

おひさしぶりです、ひなです。


絶対的支配者を書き始めたとき、まさかこんなにたくさんの方々が読んでくれるとは思っていませんでした。


だって完全に趣味の世界入ってますしね(笑)


あんなにオーボーで女タラシのヒビキがまさかこんなに!と驚愕したものです。



皆さんがマヤを溺愛するヒビキと、そんな彼に振り回されて奮闘するマヤに感銘して応援してくれて、とても嬉しかったです。


つたない文章で、しかも伝わり難いところがあったと思いますが、温かく見守ってくれる人が多くて助かりました。



一応ふたりの話はこれで幕を閉じますが、もしかしたらどこかで子供たちが活躍するかもしれませんので、どうぞ見守ってあげてくださいませ。



では、ありがとうございました。

皆さんに心からの感謝をこめて。



2013.08.22 ひな。

0
  • しおりをはさむ
  • 2041
  • 6299
/ 406ページ
このページを編集する