十字架と天使を持つ女神④

「ねぇ、≪英雄≫」

千尋のその楽しそうな言葉に、紘は顔を上げると、

「“答え合わせ”、しようよ」

目の前で、満面の笑みを浮かべてる千尋と、視線が合う。

「「“答え合わせ”」?」

「そう、“答え合わせ”。あんたは、頭がいいんだろう?≪Enkeli≫も言ってたし」

「…………」

「言葉にして、声に出してやろうよ。“答え合わせ”。……あんたの、頭の中を整理するためにも、ね」

その千尋の提案に、託と衛と知、そしてアキは、クスクスと笑い出す。



“言葉にして、声に出す”。


それは、自分の罪を告白するようなもの。

0
  • しおりをはさむ
  • 2612
  • 381
/ 184ページ
このページを編集する