十字架と天使を持つ女神④

chapitre 26 /天使の影響力

「ねぇ?≪英雄≫さん?」

アキのその言葉に、紘は顔を上げる。

「なんで、信じてあげなかったの?」

「…………」

「あの人は、あんたらのために、必死に頑張ってた」

「あんたらを立てながら、それでも、自分のできる…………≪Jeanne≫の彼女が、できる範囲で」

「なんで、そんな魚月さんを信じてくれなかったの?」

「…………」

紘は、ずっと黙ったままだ。





そんな紘に、千尋は、

「あんた、俺に、こうも言ったよな?「くれてやる」って。「あいつが欲しけりゃ、くれてやる」って!!」

そう言って、紘の胸倉を掴む。

0
  • しおりをはさむ
  • 2612
  • 383
/ 184ページ
このページを編集する