4人の狼と囚われの子羊。 【完】

朱に交われば赤くなる /スミレの場合。 2






依田さんに見送られてホテルを出る頃には夕方になっていた。



あ。

今日、食事当番だった。



早く帰らないと…みんなのご飯が…。





そう思いながら、ちょっと早足で家を目指す。





バイト初日の帰り道、ナンパされてしまった交差点で赤信号で立ち止まる。





あの時のランくん怖かったなぁ…、と思っていた瞬間、肩に手を置かれた。



「!」



思わずびっくりして振り返ると、そこにはショウさんが立っていた…。





「ショ、ショウさん」



「ごめん。急に…。びっくりさせちゃったね」


ショウさんはそう言って笑う。





「後ろ姿でもスミレだって分かったから、ついつい肩に手、置いちゃった」


ショウさんはそう言うと、あたしの肩に置いた手をどけてくれた。






0
  • しおりをはさむ
  • 343
  • 13267
/ 376ページ
このページを編集する