4人の狼と囚われの子羊。 【完】

青は藍より出でて藍より青し /スミレの場合。 3






「ごめん。スミレ…」



翌日、昼休みの渡り廊下でそうヒロに謝られた。





「……」


あたしはヒロを見上げ、静かに首を振った。





反省してる。



というより、後悔してるって分かったから…。





「大丈夫。…もう謝らないで」


あたしはヒロを見上げてそう言った。





「スミレ…」


ヒロは申し訳なさそうにそう呟いた。





「…でも…ごめんね」



「?」



「…あたし、ヒロの思い、受け取れない…」



それがあたしが出した答え。



「……」


ヒロは形の良い眉を切なそうに歪めると、あたしから視線を逸らした。






「……」



「……」



少しの沈黙の後、


「…それでも…側に居ていい?」


とヒロはあたしの顔を見つめて訊いた。






0
  • しおりをはさむ
  • 343
  • 13246
/ 376ページ
このページを編集する