4人の狼と囚われの子羊。 【完】

青天の霹靂 /スミレの場合。 4







「…“初めて”だったんだよね?」






ショウさんの言葉にあたしの頬はまた一気に染まる。





やっぱり分かってたんだ…。






「ごめん。スミレ…」



きゅっ、と体を抱きしめられる。






「兄弟になる、なんて知らなかったんだ…」



「……うん」





「…これからどうしたいかはスミレが決めて」



「……」





「おれはそれに従う」


ショウさんはそう呟くと、あたしを腕の中から解放した。







0
  • しおりをはさむ
  • 344
  • 13312
/ 376ページ
このページを編集する