4人の狼と囚われの子羊。 【完】

朱を奪う紫 /スミレの場合。 1




「ねぇ、スミレ」



ある日、お母さんに呼び止められた。






「何ー?」



「夏休み、ヒマ?」



「え?何、それ…」


全く真意が読めず、あたしは首を傾げた。






「バイトする気、ない?」



「バイト?」



「そうそう。シーフォートのカフェで」



「えー!」










0
  • しおりをはさむ
  • 344
  • 13312
/ 376ページ
このページを編集する