【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


炎の友人ゴルゴ

炎の友人ゴルゴ

けんこや
青春・友情 242ページ(完結) 76974字 更新日 2020/02/02 読者 6533人 公開 0 0





その男は[昭和]の男だった。



全身から[昭和]のオーラを放っていた。



身長189センチの巨体は、不必要にすその長いツメエリを身にまとっていた。



強引にまくった制服のそでからは、筋肉に包まれたぶっとい腕がはみでていた。



ボロボロの学生帽から覗く鋭い眼光は、しかしながら、どこか優しさを感じさせた。



男は突然、稲妻のように僕の高校に現れた。



そして、僕が一生忘れることができない、かけがえのない高校生活が幕を開けた。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
  • 8
  • 1
このページを編集する