奇人の頭を叩いてみれば①

あとがき

第9回魔法のiらんど大賞<大賞>受賞作
『奇人の頭を叩いてみれば』


①巻は2016年7月25日、②巻は8月25日
魔法のiらんど文庫から発売!



ストーリー

困ったさんばかりの学園で恋愛開始!

高2の戸島彦は両親の仕事の関係で、全寮制の桐生宮学園高等部に転校してきた。
この学園では、超問題児の不良たちで作られる“チーム”が支配者のように振る舞っていて、“生徒会”とはいつも火花を散らしている。
まわりには、その空気を読んで関わらないようにしている「ふつう」の生徒が多いなかで、彦は転校初日から“チーム”相手に事件を起こしてしまった。

実は、彦には前の学校でつけられていたあだ名があった。
“ロボット女”……その理由は、彦がいつも無表情&敬語で思ったことはすぐ口にしてしまって、そして本人はそれをおかしなこととも思っていないから(むしろ正義のため!)。
で、新しい学園でもさっそくそれが発動! “チーム”からターゲットにされてしまうことに。

ということで、最初から波乱の学園生活だけど、“チーム”相手に絶体絶命のピンチを迎えたりしながらも、たまたま寮で同室になったルームメイトが抱えている「とある問題」の解決に乗り出してから(正義のため!)事態は意外な方向へ──。

そんな彦には“チーム”の面々もペースを乱されてしまい、一方、彦の方にも“ロボット女”返上につながるような感情が芽生え始めて!?

「ハラハラ」「爆笑」「スカッと」が止まらない! 読み始めたら絶対抜け出せない、最高に痛快・爽快なNo.1学園ラブコメディ!


奇人の頭を叩いてみれば①

更新開始
2016/04/25
更新終了日
2017/10/26
花子
  • しおりをはさむ
  • 表紙へ戻る
    作品タグ:
    • 43
    • 25
    このページを編集する