この空の下【完】+ ss

SSー新しい命 /過去

秋。

私は大きなお腹を抱えて優子先輩の病院にやって来た。


「あら羽蘭。随分大きくなったわね」

「お陰様で」


「ちゃんと腹帯してるの?」

体格の割に大きくなってしまったお腹に手を当てる優子先輩。

「してますよ。ちゃんとウォーキングもしてるし、体重だって理想的です」

「その割には大きなお腹ね」

フン。

すみませんね。


妊娠7ヶ月を超えた頃から、順調に出てきたお腹。

検診でも不思議そうに見られ続けた。



「おかしいですよね。仕事だって一切セーブしてないし、運動不足でもないのに」

「本当ね」

半分笑いながら、隆哉と優子先輩の会話が続く。


「ハイハイ。妊婦をからかわない。問題は腹囲ではなくてお腹の赤ちゃんのサイズだから」

助け船を出してくれるのは悠平先輩。


「そうですよね。失礼なパパとおばちゃんね」

言いながら、お腹をさする。


「おばちゃんって誰の事よっ」

優子先輩の声が大きくなった。




「ちょっと、病院で大きな声出さない」

ええ?

突然声が掛かり驚いて振り返った。


「桜子先生」

次の瞬間、優子先輩が駆け出した。


「どうしたんですか?妊娠ですか?」


ぷーっ。

私が吹き出してしまった。


呆れたように優子先輩を見て、私に頭を下げる女性。

どうも。

私も会釈した。


綺麗というよりかわいい人。

いくつだろう、40歳位かな?



「こんにちは」

続けて入ってきたもう1人の女性。

今度は凄い美人さん。

年は・・・40代中盤いや、年齢不詳な感じ。


「こんにちは桜井さん」

優子先輩が挨拶すると、

「麗子がお世話になります。これ、お店で出してるケーキとプリンなんです。よかったら召し上がってください」

大きめの袋を差し出す女性。


ニコニコと笑いながら、2人の女性は入院病棟へと消えていった。

  • しおりをはさむ
  • 55
  • 2559
/ 409ページ
このページを編集する