儚き雨傘 【完】

バニラ味
恋愛 459ページ(完結) 176806字 更新日 2019/11/07 読者 66497人 公開 0 0

 

納戸色の着物を纏い

 

ゆるりと歩むその男

 

痛々しい程儚く危い

 


 

雨空は傘の下から出て初めて知る。

 

濡れようとも見なくば知らぬまま。

良きも悪しきも見えぬまま。

 

 

 「きちんとその目に僕を映してごらん?」 

 

 

2014.1.2~5.18
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 290
  • 1146
このページを編集する