ツヨシさんの作品一覧

因番鬼様

ツヨシ
8ページ(連載中) 更新日 2017/10/17 読者 1人 公開

クラスの男の子と付き合いたい蘭子は、因番鬼様にお願いしたのだが。

餓鬼

ツヨシ
20ページ(完結) 更新日 2017/10/12 読者 243人 公開

真夜中、スピード違反で警官に停められた俺。すると二人以外誰もいないはずなのに、老婆の声がした。

風穴の女

ツヨシ
24ページ(完結) 更新日 2017/10/09 読者 277人 公開

子供の頃から祖父母に「行くな」と言われていた寺の裏道。ある日俺はその道に分け入った。

エレベーターの中

ツヨシ
9ページ(完結) 更新日 2017/10/01 読者 191人 公開

誰もいないはずのエレベーターの中に、誰かいる。

夢の部屋

ツヨシ
10ページ(完結) 更新日 2017/10/06 読者 99人 公開

その部屋に住むと、もれなくおっさんがついてくる。

ただ一つの能力を

ツヨシ
10ページ(完結) 更新日 2017/09/30 読者 576人 公開

結婚の約束までした女を手ひどくふった俺だが、その日を境に俺を取り巻く環境が、変わってしまった。

ささら

ツヨシ
7ページ(完結) 更新日 2017/09/29 読者 610人 公開

新婚間もない妻が、毎夜うなされるようになった。

「釣れますか?」

ツヨシ
7ページ(完結) 更新日 2017/09/29 読者 203人 公開

夜釣りをしていると、男に声をかけられた。その男が橋の向こうに行った途端、同じ男に声をかけられた。

母の居る写真

ツヨシ
4ページ(完結) 更新日 2017/09/27 読者 187人 公開

家族写真の中に、死んだ母が写っていた。

死ぬのは鈴木

ツヨシ
8ページ(完結) 更新日 2017/09/28 読者 152人 公開

近くの海水浴場で、鈴木と言う名の女が三人死んだ。

魔なる家

ツヨシ
8ページ(完結) 更新日 2017/09/30 読者 141人 公開

新興住宅地の一番奥にある家。そこに住んだ者は、みんな死んだ。

呪詛返し

ツヨシ
6ページ(完結) 更新日 2017/09/26 読者 71人 公開

最近おかしなことばかり続くので、俺は拝み屋家系の母親を訪ねた。

首の女

ツヨシ
8ページ(完結) 更新日 2017/09/26 読者 53人 公開

首だけの女が出ると噂の遊歩道へ、俺は足を向けた。

非連続殺人事件

ツヨシ
5ページ(完結) 更新日 2017/09/24 読者 102人 公開

住んでいるアパートの住人が、端から順番に殺され始めた。

「私が犯人です」

ツヨシ
4ページ(完結) 更新日 2017/09/24 読者 169人 公開

派出所で一人いると、不倫相手の夫がやって来た。

夜の訪問者

ツヨシ
6ページ(完結) 更新日 2017/09/23 読者 295人 公開

格安の物件に住んだところ、そこは毎晩見えない何かが訪ねてくるのだ。

だっこちゃん

ツヨシ
5ページ(完結) 更新日 2017/09/22 読者 278人 公開

ショッピングモールで見た女。その女の右腕には、少女の霊がしがみついていた。

異界道

ツヨシ
6ページ(完結) 更新日 2017/09/23 読者 77人 公開

山道で迷った俺は、小屋にいた男女に道を聞いた。言われたとおりに車を走らせたが、再び同じ小屋にたどり着いてしまった。

古井戸

ツヨシ
5ページ(完結) 更新日 2017/09/21 読者 56人 公開

廃墟の古井戸には何かがいる。

天井裏

ツヨシ
6ページ(完結) 更新日 2017/09/22 読者 95人 公開

天井裏から聞こえる奇妙な音に悩まされた私は、大家に相談したのだが。

黒電話

ツヨシ
18ページ(完結) 更新日 2017/09/22 読者 119人 公開

嫁の実家に来た梶谷は、そこで黒電話を見つける。しかしその黒電話には、絶対に出てはいけないのだ。

友達の

ツヨシ
10ページ(完結) 更新日 2017/09/02 読者 138人 公開

みつるの悪戯心が、俊也を死に追いやってしまった。

異住人

ツヨシ
9ページ(完結) 更新日 2017/08/31 読者 83人 公開

廃墟に住人がいた。それもやっかいな奴が。

いわくあり

ツヨシ
8ページ(完結) 更新日 2017/08/31 読者 42人 公開

山道で見つけた場所は、極めつけのいわくがあった。

死に歩む者

ツヨシ
49ページ(完結) 更新日 2017/07/31 読者 126人 公開

廃墟となった遊園地は、いつしか屈指の心霊スポットとなっていた。一人の男が殺されたために。

ピアノの家

ツヨシ
21ページ(完結) 更新日 2017/07/22 読者 201人 公開

父が気まぐれで買ったグランドピアノが、家族の絆を変えてしまった。

そっとおやすみ

ツヨシ
12ページ(完結) 更新日 2017/07/04 読者 249人 公開

近所の人が次々に訪ねてくる。さらに警察まで。一体なにが?

あいつが来る

ツヨシ
28ページ(完結) 更新日 2017/06/28 読者 314人 公開

あるマンションで短時間の間に全ての住人が殺された。 美里は言うのだ。「あいつ」が殺ったのだと。

鬼哭

ツヨシ
229ページ(完結) 更新日 2017/07/30 読者 331人 公開

突然現れた陰陽師のようなやつとともに封印された禁断の地に足を踏み入れた清武。そしてそこは化け物の巣窟であった。

最終防御壁

ツヨシ
16ページ(完結) 更新日 2017/05/08 読者 287人 公開

私はやって来た。最終防御壁を突破するために。

「私は不幸です」

ツヨシ
18ページ(完結) 更新日 2017/05/01 読者 249人 公開

鍵のかかった俺の部屋にいきなり現れた男。そいつの第一声は「私は不幸です」だった。

伝染したいの

ツヨシ
11ページ(完結) 更新日 2017/04/28 読者 619人 公開

学校で一番人気の女の子に、ひどい仕打ちを受けた私。その私の脳裏に、ある女の子が浮かんできた。

魔法のiらんど大賞エントリー作品

闇の中の黒い闇

ツヨシ
372ページ(完結) 更新日 2017/03/29 読者 764人 公開

街の一室でホオジロザメに殺された男。それが全ての始まりだった。

神楽咲く

ツヨシ
82ページ(完結) 更新日 2017/02/27 読者 382人 公開

円羅の前に現れたのは、絶世の美女と化け物だった。美女の名は神楽と言う。

「おやすみなさい」

ツヨシ
48ページ(完結) 更新日 2016/10/02 読者 299人 公開

森の中で目覚めた私は、自分に関する全ての記憶をなくしていた。偶然通りかかった猟師に助けられた私だが、その日以来私は、一切眠れなくなったのだ。

死者の生まれるところ

ツヨシ
302ページ(完結) 更新日 2016/09/18 読者 1020人 公開

大量殺人が行われ閉鎖された巨大モール。そこには殺された少女の霊が出るという。そして再び惨劇が始まった。 小説家になろう、にも掲載しています。

探し物

ツヨシ
77ページ(完結) 更新日 2016/08/28 読者 292人 公開

安いと言う理由で事故物件に住み始めたが。その後俺のまわりは、少女の首喪失事件、首なし殺人事件とにぎやかなことに。

殺意の音

ツヨシ
45ページ(完結) 更新日 2016/08/27 読者 358人 公開

隣に越して来た男の音に悩まされる私。管理会社に抗議すると言われた。「あの階に男性は、あなた一人しか住んでいません」と。

ゆかりちゃん

ツヨシ
31ページ(完結) 更新日 2016/08/26 読者 201人 公開

人神蛇

ツヨシ
314ページ(完結) 更新日 2016/08/21 読者 433人 公開

山で見つけたまが玉を持ち出した井村。それから彼の周りで人が消えた。ある者は手首をある者は頭の一部を残して。六百年の封印が解かれたことを知った矢崎は少女を呼んだ。

白い闇

ツヨシ
311ページ(完結) 更新日 2016/08/08 読者 1547人 公開

火葬場。マンション。寺。殺人。怨霊。復習。女子高生。恋心。山伏。骨。白い影。

れいたいしゃ「浦島太郎異聞」

ツヨシ
52ページ(完結) 更新日 2015/12/27 読者 183人 公開

火事だ! 火事だ!

ツヨシ
13ページ(完結) 更新日 2015/11/29 読者 172人 公開

ハッピー老荘

ツヨシ
30ページ(完結) 更新日 2015/11/22 読者 228人 公開

子供を自分のロボットとしか考えない母を、小暮は老人ホームに“捨てる”ことにしたのだが…… 小説家になろう、にも掲載しています。

いおり

ツヨシ
56ページ(完結) 更新日 2015/08/26 読者 121人 公開

夏休みに田舎の祖父母の家に遊びにいくと、見慣れない少女が現れた。大人には見えないその少女は、実はざしきわらしだった。

赤き正義隊

ツヨシ
22ページ(完結) 更新日 2015/08/16 読者 185人 公開

悪人を正すために結成された「赤き正義隊」。順調にこの世の悪を成敗していたのだが……

あめふらし

ツヨシ
30ページ(完結) 更新日 2015/06/14 読者 407人 公開

雨が降らずに困り果てる島民の前に、道化師のような男が現れた。自らあめふらしと名乗り、雨を降らせてやると言う。そそしてとんでもないことを言い始めた。

遺留品(おいてけ堀外伝)

ツヨシ
25ページ(完結) 更新日 2015/05/24 読者 355人 公開

近所で起こった殺人事件。警察が遺留品を捜索する中、私は黒い袋を拾った。

愛しいあなたへ空から

ツヨシ
22ページ(完結) 更新日 2016/03/03 読者 729人 公開

彼が憎い! 憎くて憎くてたまらない。 私は彼に特別なプレゼントを進呈する事にした。

まさかり(金太郎外伝)

ツヨシ
32ページ(完結) 更新日 2015/05/11 読者 414人 公開

まさかりによる殺人事件。刑事の倉木は捜査を進めるうちに、過去の悲しい思い出にたどり着く。そして犯人も、悲しい過去を持つ男であった。

おばあさんの家(赤ずきんちゃん異聞)

ツヨシ
4ページ(完結) 更新日 2015/05/02 読者 634人 公開

赤ずきんちゃんは気がつきました。おばあさんがどんどんお金持ちになっていくことに。おばあさんの人に言えない秘密とは?

「鬼伝説(桃太郎異文)」

ツヨシ
27ページ(完結) 更新日 2015/01/03 読者 331人 公開

鬼が栽培する桃太郎桃の一つが川に流れ出す。そして生まれた桃太郎。食っちゃ寝食っちゃ寝の桃太郎に、おばあさんは鬼退治を切り出す。それが後の鬼伝説の始まりとなった。

適任者

ツヨシ
89ページ(完結) 更新日 2014/12/31 読者 332人 公開

「私」は探した。適任者を。そしてついに見つけた。横浜に住む「俺」を。

光る影

ツヨシ
118ページ(完結) 更新日 2014/10/17 読者 623人 公開

新しい街で起きた奇妙な事件。電子レンジ殺人事件。 そして真夜中に現れる少女のうわさ。 一人の刑事が捜査に乗り出した。

光のヌンチャク隊

ツヨシ
22ページ(完結) 更新日 2014/08/26 読者 167人 公開

ブルー・スリーは神様だ。誰が何と言おうと神様だ。

千年狩り 子取り鬼

ツヨシ
411ページ(完結) 更新日 2014/08/27 読者 384人 公開

ある日、フランスから十二人の男がやって来た。そして十二人の子供達が忽然と消えた。九龍龍夜が立ち上がる。ドラゴンの子に続く、千年狩りシリーズ第二弾。

百鬼夜行のおどろ唄

ツヨシ
148ページ(完結) 更新日 2014/08/25 読者 448人 公開

ホラーとSFのショートショート集です。

千年狩り外伝 かけらの神

ツヨシ
137ページ(完結) 更新日 2014/08/24 読者 367人 公開

夫が新妻を殺して喰った。母が幼子を殺して喰った。 その猟奇事件が話題の中、わたしは父親に襲われた。 その時わたしを助けてくれた人は、あまりにも素敵な人だった。

赤の書

ツヨシ
419ページ(完結) 更新日 2014/08/26 読者 790人 公開

黒の書に続く、ホラーの短編集です。 バラエティに富んだ作品を(以下同文) 「死んでもあなたを守りたい!」

俺の部屋

ツヨシ
18ページ(完結) 更新日 2014/08/18 読者 426人 公開

久しぶりに目が覚めると、部屋の中に泥棒がいた。 俺と目が合ったやけに体格のいいそいつは、俺の頭に思いっきり金属バットを振り下ろしたのだが。

彼女と海へ

ツヨシ
8ページ(完結) 更新日 2014/08/17 読者 342人 公開

今年も彼女と海に来た。去年とは違う女だ。

もう限界だ

ツヨシ
11ページ(完結) 更新日 2014/08/17 読者 388人 公開

ある日とつぜんと消えた、地球上空の空気。気がつけば、地球上の空気がどんどんなくなっていくではないか。そのとき国は、科学者は、一般市民は……

黒の書

ツヨシ
433ページ(完結) 更新日 2014/08/23 読者 1229人 公開

ホラーの短編集です。バラエティに富んだホラーを取り揃えていますので(作者の個人的感想です)存分にお楽しみください。

千年狩り ドラゴンの子

ツヨシ
375ページ(完結) 更新日 2014/08/24 読者 725人 公開

女、刑事、死体。男、少年、神社、巫女、少女。 洋館、伯爵、妖艶な女。 九龍一族の命をかけた戦いが始まる。

子供の新しい遊び方

ツヨシ
7ページ(完結) 更新日 2014/08/17 読者 303人 公開

突然この世から消えた町。その近くでは、子供が新しい遊びを見つけていた。

明日

ツヨシ
19ページ(完結) 更新日 2014/12/28 読者 329人 公開

ある日、私は生まれ変わった。明日死ぬ人がわかるようになったのだ。そして……

オオムラサキ

ツヨシ
39ページ(完結) 更新日 2015/05/17 読者 304人 公開

オオムラサキに魅了された少年の運命は……

鬼姥

ツヨシ
107ページ(完結) 更新日 2014/08/16 読者 788人 公開

道に迷った若き空手家がたどりついたのは奇妙な古屋敷。そこに棲む異様な老婆からもてなしを受ける空手家であったが、やがて彼らは命がけの戦いに巻き込まれることとなる。

このページを編集する