風花 〜彼方への約束〜

あとがき

はじめまして、咲良 日輪(さくら ひわ)と申します。


とてもゆっくりな更新であるにもかかわらず、最後まで読んで下さった皆様、本当にありがとうございました!


とりあえず、完結です。

が、、、お気づきかと思いますが、この物語は、まだまだ続く予定です。笑



むしろ、これからが本番です!


気長に待っていただける方は、どうぞ、もう少しお付き合い下さいませo(^_^)o




さて、物語の事を少し書きたいと思います。


ここからネタバレ有りですので、本編を読み終わってからお読み下さい。



この物語の主人公を、2人、しかもパイロットという職業にしたのは、飛行機に乗った時に、客席の窓から見た素晴らしく綺麗な夕焼けがきっかけでした。


こんな綺麗な景色を眺めながら、世界中を飛び回っている人たちが、ある日、交通手段が徒歩か馬という世界に行ったら、感覚が違すぎて面白いのではないかと思ったのです。



タイムスリップした場所は、鎌倉時代末期。


敵と味方が、次々と移り変わっていく、複雑で混沌とした時代。

その時代を、2つの視点から見たものを描きたくて、風正と桃李には、あえて別の場所に降り立ってもらいました。


風正は、既に、新しい名前を与えられ、試行錯誤しながらもこの時代で生きることを決め、前に進み始めました。


一方で、桃李は、まだこの時代での己の生き方を見つけていません。そうです。桃李の物語は、まだ、始まってすらいないのです。苦笑。

桃李はこの先、誰と出会い、何を考え、選び取っていくのか。

どうぞ、お楽しみに、、、!




また、

歴史に詳しい方は、ご存知のはずです。


この2人、楠木と足利が、進んだ先に待っているものは、『対立』であり、『別れ』であることを。



直面する試練に、この2人は、どう向き合い、乗り越えて行くのか。

そして、好きな気持ちだけでは動けない、切ない大人の恋愛もお楽しみいただけたらと思います。





さて、ここまでお付き合い頂きまして、ありがとうございました。


本編の続きもですが、桃李と風正が消えてしまった後の現代のスピンオフなども、書きたいことが沢山あります。



またまた、ゆっくりな更新になってしまうと思いますが、どうそ、よろしくお願いいたします!



それでは、二巻でお会いしましょう☆





2019.02.04

風花 〜彼方への約束〜

更新開始
2017/02/20
更新終了日
2019/02/04
咲良 日輪
  • しおりをはさむ
  • 表紙へ戻る
    作品タグ:

    作品タグ編集(最大10件)

    • 11
    • 4
    このページを編集する