愛されるその日まで1

 

昴side


「ねぇ最近の若、毎日夜出掛けて朝帰りが多いけど何処に行ってるの?」


心配はしていないが気になるのか無邪気な顔をする煌(コウ)


「おいおい〜それは野暮ってもんじゃねぇの?」

「ちょっと琉樹お前と若を一緒にすんな」

「いやいや俺かよ〜」


言い合いを始めた二人


喧嘩大好き人な煌に女好きの琉樹。

まぁ実際には性欲処理の為だけに女使って、あとは抱かない主義の琉樹。


そして本命なんてクソくらえな考えだ

まぁそれは俺らみんなそうだけどな……


どうせ顔と金、地位しか見ない糞女しか寄って来ないからな…


煌はそもそも女嫌い。


で、以外なのが見た目超ゆるゆるな琉樹は
軽くだが医者の道をかじっていたやつだ。


ほんと人って外見だけで判断できねぇよな…


そしてもはや傍観者でいる璃玖(リク)


基本喋らない無口男の璃玖は、ここの料理担当


なんで料理担当なんてのがいるのか。

それは俺ら5人がここで一緒に住んでるから…


まぁその話はまたの機会にでも…



で、未だ言い合いをしてる2人…


正直うぜぇな…



俺はゆっくり立ち上がった……

体裁を加えに……



0
  • しおりをはさむ
  • 671
  • 69
/ 389ページ
このページを編集する