愛されるその日まで1

 

やっと体が本調子……までとはいかないけど
ある程度は戻ってきたかな…

さすがに今日は右京のところに行かないと駄目だよね

っとに…こうなったのも達央のせいだ。


今度から達央に何言われても絶対に理事長室で受けてやる


あいつの立場とか知らん。


そっちよりもあたしの体の方が先にあの世へ逝ってしまう。

ぶつぶつと文句を言いながら、いつもの黒いスキニーに黒いメンズパーカーを着る


よし、準備万端だね。必要なものを持っていざ仕事場へ

意気込む程でもないんだけど。





0
  • しおりをはさむ
  • 666
  • 63
/ 389ページ
このページを編集する