愛されるその日まで1

 

迅side

動物的な求婚発言……

すげぇショック

でも、こいつの目を見たらまだ今の俺には
俺の女にしたいなんて言う資格はねぇなと思った


闇を持っているやつの目をしている


今までそんなやつら腐るほど見てきたが
ここまで悲しく暗く闇に落ちたやつは初めてだった


俺はなんとしてもこいつを闇から救ってやりてぇ
たとえそれが茨の道で困難だったとしても


俺のすべてを差し出してでも助けてぇ


そう思えるほど俺は麗那に惚れてる。
俺の名前を聞いても動じない麗那

動じるどころか言い返してくる
こんな女は、初めてだ。

それにこいつを逃がしたらもう二度と会えない気がする


でも今の俺と麗那の距離じゃぜってぇ無理だ

だから…

だからなんとしても距離を縮めてやるし


俺に惚れさせてやる!!!!


俺がいないと駄目になるまで惚れさせやる。

そして一生を誓うやつとして迎えいれたい






0
  • しおりをはさむ
  • 671
  • 69
/ 389ページ
このページを編集する