愛されるその日まで1

 

親父たちとの飲み会が始まるまであと1時間もある

ここから親父さんの屋敷までは徒歩で20分ぐらいの距離だ。


いつもは歩いて行くけど今日はバイクで行こうかな

たまには愛用のバイクに乗っていくのも悪くない


でもバイクで行くにしても時間が早い……
行く前に情報でもまとめておくかな。

最近やけに胸騒ぎがする…
これは何かが起こる感じの胸騒ぎ。


この仕事をするようになって何度か、経験がある


まぁ恨みの10や20……それ以上買ってるとは思うけど
この胸騒ぎは何度経験しても慣れるもんでもない

これが自分に降りかかるのか…
それとも自分じゃない誰かに降りかかるのか…
どっちかは分からないけど、

まぁ多分今回も前者だろうと思うけど。


最悪の最悪まで考えて行動したいとは思うけど
どの日で、どんなタイミングで来る、なんて当たり前だけど分からないし…



もしかしたらここの家を手放さないといけないかもしれない。

でも……


今のここの家を離れるのは嫌かな〜
かなり奥まった所にあって秘密基地っぽくて気に入ってるのにな

まだ決まった訳じゃないけど
あたしの勘ってよく当たるんだよねぇ…
ほぼ最悪の意味で…


せめて周りじゃなくて自分に降りかかって欲しい
周りの可能性がゼロってわけでもないからね


そりゃ?自分に最悪な状況が降りかかるのだって嫌だよ。

でも……

それ以上に……





もう目の前で大事な人が死ぬのは見たくない……





自分の知らない所で死んだりいなくなったりするのも
見たくない…




経験もしたくない……




あんな胸が張り裂けるような……




目の前が……




自分が……




赤で染まるのは嫌だ………






0
  • しおりをはさむ
  • 666
  • 63
/ 389ページ
このページを編集する