【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


逢沢吉良さんの作品一覧

ここは真ん中、左右に泣かない【完】

逢沢吉良
411ページ(完結) 394293字 更新日 2019/07/23 読者 28139人 公開

その下睫毛に引っ掛かった大粒の涙が頬を滑り落ちる、ずっとずっと前。

ウォータープルーフはやさしく照らしてくれる【完】

逢沢吉良
107ページ(完結) 100072字 更新日 2019/07/23 読者 23841人 公開

茹だるように暑い人生初の無職の夏、刺さった感触は各々違うと分かっていながら、今にも千切れそうな細い糸でルーズに繋がる。「好きな女に呼ばれると男の名前になんの」

Sugarless Anarchy【完】

逢沢吉良
95ページ(完結) 81667字 更新日 2019/11/10 読者 113592人 公開

満たされたように笑う嘘吐きの目の中に真っ赤に染まった目で必死に取り繕って睨む私が閉じ込められていた。

敢え無い【短編集】

逢沢吉良
134ページ(完結) 118842字 更新日 2019/07/23 読者 32606人 公開

『繋いだ糸の先に在る』『自由に決まってる』『アダルト≒チャイルド』『卵巣と水分』『薄明光線を刺す』収録。

ピンクフライデー【完】

逢沢吉良
241ページ(完結) 213574字 更新日 2019/11/10 読者 600439人 公開

有り得ない状況に殺されても、思い返してみれば、世界を変える事なんて楽勝だ。

ゴールドサタデー【完】

逢沢吉良
298ページ(完結) 277268字 更新日 2019/11/10 読者 59319人 公開

私と君の理想の話。「幸せにしてくれなかったら殺すから」(ピンクフライデー続編)

ブルーマンデー【完】

逢沢吉良
255ページ(完結) 236307字 更新日 2019/07/23 読者 15057人 ファン限定公開

笑って頷いて、黙って伏せて欺いて、世界を狭くする事だけが義務だった。(ピンクフライデー番外編)

このページを編集する