溜め息 第一部【完】

第七章 /溜め息十八













「いーく。」




その年の最後の日。


愛しい声が、僕の耳を擽った。







0
  • しおりをはさむ
  • 308
  • 3971
/ 251ページ
このページを編集する