溜め息

第二章 /溜め息三







太一がそそのかすように言葉を掛ける。


案の定、不安定だった僕の心理はぐらぐらと揺れ動いた。





「成瀬さんに接触した時点である意味禁忌を犯しているようなもんだろ。どうせならその果実に手を伸ばして食ってみれば良いだろ。」




果実に手を伸ばす。

果実を食べる。



その行為は、僕が躊躇していた物で、それを太一は見透かしているかのように目を細める。



「創世記では果実を食べたアダムとイブはエデンの園を追い出されたけどな。」

「駄目じゃん、死亡フラグ立ちまくりでしょ。」

「そうとも限らないだろ。俺なら勇気をもって好奇心のままに果実に手を伸ばした方が後悔しない。永遠に気になったまま果実が腐って朽ちるのを傍観するよりは良い。」




確かにそうかもしれない。


果実に近づいた癖に、僕はその先を踏みとどまっている。


本当は気になっている。


知りたいと思っている。


その果実の感触も、味も。




僕の本心は触れたいと思っている。




0
  • しおりをはさむ
  • 262
  • 3879
/ 216ページ
このページを編集する