溜め息

第二章 /溜め息四






自室のベッドの上。


真っ白な天井を見上げながら掌で顔を覆った。




「………辛い…。」




やっと絞り出た声は情けないけど震えていた。



雨の中、抵抗する事もなく男の口付けを受け入れていた憂李が頭から離れない。



大人しく舌を出して、荒々しくそれを絡めとられていた憂李の口からしきりに漏れていた甘い声が耳から離れない。




野獣のような男だった。


深いインディゴ色をした濡れた髪。

鋭い瞳。




憂李の身体に触れ、唇を奪っていた男は…恐ろしいくらい端正な顔をしていた。



憂李の口の端から流れた唾液。

一生懸命キスを受け入れていたあの表情。





僕の心は一瞬にして、ドロドロとした黒い感情に呑み込まれた。




0
  • しおりをはさむ
  • 269
  • 3882
/ 216ページ
このページを編集する