極道恋人【完】

肆 /台風再来


「いざ!打倒、天野っ!」


「…なんでそーなんのよ。」


私がやる気に満ちている横で茜は呆れていた。


でも私のこのやる気は不意打ちに弱くって…

突然の出来事には対応できなくてポキッと折られてしまうことになる。

























━━━…


「よぉ、お前いい度胸しとんな?」

「…。」






あぁ…マジで目の前が真っ暗になりそう。

いや、本当に真っ黒なんだけどさ?


前にも進めず後ろにも逃げられず、まさに蛇に睨まれた蛙。



うげっ。

0
  • しおりをはさむ
  • 2771
  • 400
/ 444ページ
このページを編集する