極道恋人【完】



ガチャ


バタンっ


「ぎゃっ!」



天野さんが私の部屋のドアを開くと私を部屋の中に放り込んだ。


私はその弾みで尻餅をついた。


天野さんも続いて部屋の中に入ってくる。



「ちょっと!!」


私は急いで立ち上がって天野さんに向かって叫ぶ。


「…。」


だけど、やっぱり天野さんは無言で更には私に背中を向けてドアのほうを向いている。



ほん…っとに何なのよ!?






カチャン…



鍵をかける音がした。



え?








ドンっ

0
  • しおりをはさむ
  • 2771
  • 401
/ 444ページ
このページを編集する