極道恋人【完】

七 /またまた大暴走



「な…何っ?」


私にまた恐怖が襲ってきた。


でも、ちょっとくらい反抗してやんなきゃどーにもこうにもやってらんない。

そう思った私はちょっと強気に返事をしてやった。




カツン…



う…。


カツン…



うう…。



カツン



うげ。



天野さんはゆっくりと私の目の前に歩み寄り、ピタと止まった。



「…。」



無言かいっ!






「な…なんですかあ、わぁ!」


私が天野さんの無言の圧力に耐え切れずに話し始めると、いきなり天野さんが私の手首を持って歩き出した。

0
  • しおりをはさむ
  • 2755
  • 382
/ 444ページ
このページを編集する