極道恋人【完】

七 /精一杯の努力



…ごめんなさい。


私、馬鹿だからわかってなかったのかもしれない。



「ん…わかった、努力する。」


私は小さい声でそう言った。


「…さんきゅ。」


すると、天野さんは少しホッとしたような顔を見せて私の頭をクシャクシャと撫でた。








ドキン…


また胸が鳴った。













じゃ…じゃあ、天野さんが本気でそう言ってくれたから私も本気で天野さんのこと知ろうとしなきゃ駄目だよね。


えーっと…


えーっと…


あ!そうだっ!


とりあえず第一歩から踏み出そう!

0
  • しおりをはさむ
  • 2774
  • 406
/ 444ページ
このページを編集する