極道恋人【完】

七 /キスマーク発見



まさか、茜が私のことをそんな風に見ていたなんて…っ!


で…でも、私たちは親友だからあからさまに拒絶なんてしちゃいけないよね!?


「これ、何っ!?」

「やぁっ!やっぱり女の子同士って私にはまだ早いっ…い?」

「これ!何!?小雪!」



な…なんだなんだ?


茜を見るとすっげぇビックリした顔をして私の首筋を指さしている。




…へ?




指さすところを見ようと顎をひいてみるが、どうにもこうにも見えない。



「何何!?なんかできてる!?」

私はあまりの茜の慌てように何かできものができてると思った。

0
  • しおりをはさむ
  • 2774
  • 404
/ 444ページ
このページを編集する